手足の多汗症になる原因って何なの?

「多汗症なんておおげさ…」

「そんなに気にしなくてもいいのに…」

 

手足の多汗症で悩まない人は、こんな風にいう人が多いかもしれません。しかし、実際手足の多汗症で悩む人たちにとっては、その悩みは深刻で誰にも言えず自分ひとりで解決策を探している方がほとんどだと思います。

 

「なんで私だけこんなに手汗をかくの…」

「誰かに気づかれて、変に思われたらどうしよう…」

 

こんな風に毎日思って暮らしているだけでも、すごくきついですよね。手足の多汗症に悩む人たちが、必ずその原因は何なのか考えていると思います。いくつか考えられる原因を挙げてみました。

 

原因は人それぞれ

 

手足の多汗症とは言っても、その度合いは人それぞれで、手のひらや足が湿っている程度の人から、常に汗がポタポタと滴り落ちる程の人までいます。汗の量の度合いも、原因もそれぞれのようです。

 

1. 緊張、不安、ストレス

人は誰でも、緊張すると汗っかきになります。それが一時的なものではなく、汗をかいている状態の自分が嫌になることがストレスになって悪循環に陥ることもあるようです。そうなると、ずっと緊張状態で汗が常に出てしまう、ということになります。

 

2. ホルモンバランスの乱れ

女性はストレスなどでホルモンバランスが乱れると、特に生理前や生理中に汗をかきやすくなります。また、更年期の女性も同様です。充分な睡眠と、栄養のある食事を採って、適度にストレス発散をすることで、ホルモンバランスの乱れが正常になることもあります。

 

3. 自律神経の乱れ

時間問わず働くことが多い現代人。自律神経の乱れからくる体調不良に悩んでいる人も多いようです。全然暑くないのに汗をかいてしまう、のどがカラカラになる…など、その体調不良にいる自分に対して自己嫌悪に陥ってしまう人もいるようです。

 

4. 食事

香辛料の効いた料理や、塩分高めのインスタント食品、動物性脂質の多い食品などを多く採ると、自然と体内の発汗作用が高まります。

 

5. 肥満

太ると体内の皮下脂肪や、内臓脂肪が増えるので、放熱をするために自然と発汗量は増加します。肥満だと、食事や緊張などの理由とは違い常に発汗してしまうので、汗の量も多くなってしまいます。

 

6. 病気

特に甲状腺関係の病気だと、急に汗っかきになってしまった。という人が多いようです。また、糖尿病も、汗を多くかく病気です。もちろんこれらの病気は手足だけではなく、身体全体で発汗するので、急に全身汗っかきになった、という場合はすぐに病院を受診しましょう。

 

いかがでしょうか?手足の多汗症に悩む人は、これらの原因のどれかに当てはまる方が多いのではないでしょうか。病気がその原因とは考えにくい場合、やはり何と言っても、まずは手足の多汗症と気づかれないようにするのが一番ですよね。

緊張や不安が原因の方だと、<ファリネ>で少しでも改善すると気持ちが安心でき、もしかすると汗の量も減っていくかもしれません。手足の多汗症の原因は様々ですが、ひとまず、<ファリネ>を使用して、効果を実感し、気持ちの負担を減らす!というのはどの原因に対しても効果的かもしれませんよね!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ